神戸総合医療専門学校の特徴

公開日:2022/03/01

神戸総合医療専門学校
住所:〒654-0142 兵庫県神戸市須磨区友が丘7丁目1-21
TEL:078-795-8000

神戸総合医療専門学校は、医療法人社団慈恵会が母体となっている医療系の専門学校です。専門学校には7つの学科があり、その中には言語聴覚士を目指せる「言語聴覚士科」も含まれています。学校の創立はすでに40年を過ぎ、医療関係に従事する卒業生が約8,000人にも上る就職実績が豊富な医療系の専門学校です。

医療のプロを養成する総合教育校

神戸総合医療専門学校は、言語聴覚士育成のみに特化している学校ではありません。医療に関する総合専門学校として、診療放射線科、視能訓練士科、理学療法士科、臨床工学科、作業療法士科、臨床工学専攻科、そして言語聴覚士科の7つの学科を備えています。どの学科もプロを養成するカリキュラムを用意しており、基礎や実習などを行いながら即戦力のプロを目指します。

また、母体となる医療法人社団慈恵会には、医療をはじめ教育、介護、研究などあらゆる分野の施設がグループ所属しているため、実習する場所は豊富です。校内と校外の両方で学べる点は、神戸総合医療専門学校の大きな特徴といえるでしょう。

学ぶための施設が充実している

神戸総合医療専門学校には、各学科で学ぶための施設が充実しています。たとえば、言語聴覚士科の場合は発声発語検査装置といった最新設備や、子どもが訓練する検査室などが完備されています。また、勉強の合間が有意義に過ごせるように図書館やおしゃれなオープンテラス、そして食堂も完備されているため、誰でも楽しく学べるようです。

言語聴覚士科の4つのポイント

言語聴覚士科には、個別指導や特徴的な実習プログラムなど学ぶ体制がしっかり整っています。そこで、学校の魅力ともいえる4つのポイントを紹介します。

個別指導を実施

大勢の生徒が在籍していると、どうしても個別の指導が難しくなるようです。しかし、神戸総合医療専門学校の言語聴覚士科は「顔の見える教育」を大切にしているため、すべての生徒に対して講師が丁寧に接します。

講師と生徒の間に距離があると、「わからないけど質問しづらい」といった気持ちになる方も少なくありません。講師と生徒、そして生徒同士もしっかりコミュニケーションを取っている点は特筆すべきポイントです。

豊富な実習プログラム

神戸総合医療専門学校の言語聴覚士科は、さまざまな施設で実習を重ねていきます。たとえば、病院などの医療機関や通称老健と呼ばれる介護老人保健施設、そして教育関係です。

学校での勉強はもちろん大切ですが、実習でしか学べないことも数多く存在します。なぜなら、卒業してから出会う方々に合った接し方を常に考えなければいけないからです。大切なのは状況や年齢に適した対応、こういった対応力は数多くの経験からしか習得できません

目指しているのは即戦力

学校として目指しているのは、現場での即戦力です。そもそも神戸総合医療専門学校は、医療法人が母体となっているため、即戦力のプロを育成できる実習場所は確保されています。入学後に基礎的な部分を学んだら実習開始、病院をはじめさまざまな施設で実習を中心に学んでいきます。

合格率が高い

神戸総合医療専門学校で言語聴覚士を目指すのであれば、最終的な目標は言語聴覚士国家試験の合格になってくるはずです。国家試験は簡単に合格できるような試験ではありませんが、神戸総合医療専門学校の国家試験合格率は全国平均より高くなっており、公式サイトで公表しているデータによると2020年は89.5%です。高い合格率は、基礎的な学習や実習を講師とともに行った結果です。

言語聴覚士科で学べること

言語聴覚士科に入学してからの2年間は、合格に向けてさまざまなことを学びます。また、1年を前期と後期に分けて実習も取り入れながら学んでいくため、対応力も次第に身に付きます

まず1年目ですが、前期は専門的な基礎がメイン、生理学や耳鼻咽喉科学などをしっかり学ぶようです。後期からは言語発達障害、失語症、聴覚障害などを中心に学び、演習や実習も並行して行われます。

この時点で行われる演習は、生徒同士で行われる演習ではなく、お願いして外部から来た方との演習です。また、実習については外部の施設にて行われ、子どもや成人の方などに対して直接対応する形で学びます。

2年目は本格的な実習がある

2年目は、専門的な部分を学びつつ、子どもや成人の方と実際に接しながら長期にわたる臨床実習に入ります。期間は基本的に3か月となっており、「働いている方に交じりながら」という点が大きな特徴です。

また、実習時は一人で黙々と行うわけではありません。実習を行う生徒を担当教員がしっかりサポートしてくれます。仮に実習が思うようにいかなくても大丈夫です。担当教員が生徒の成長を細かくチェックしているため、的確なタイミングでサポートしてくれるでしょう。

 

神戸総合医療専門学校の言語聴覚士科は、試験合格はもちろんのこと、即戦力で働ける人材育成に力を入れています。どの学校に通っても技術や知識は習得できますが、実践経験だけは外部施設などで働かないとなかなか得られるものではありません。その外部で得られる貴重な経験を在学中に学べるのが、神戸総合医療専門学校の言語聴覚士科です。

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧