言語聴覚士が公務員として働くメリット・デメリットとは?

公開日:2022/03/01

言語聴覚士とは、さまざまな理由でことばによるコミュニケーションが困難な方に専門的なサービスを提供しサポートする職業です。幅広い知識を持った言語聴覚士が公務員として働く場合、どのような場所が考えられるでしょうか。ここでは、公務員として働く場合の選択肢、公務員として働くことのメリットやデメリットについて紹介します。

言語聴覚士が公務員として働ける場所

言語聴覚士はさまざまな場所で公務員として働くことができます。

医療機関

国立病院やリハビリ施設、都府県立の病院、保健所、保健センターなどで公務員として働けるでしょう。主な業務は患者の声音障害や言語障害、嚥下障害などの治療に関わるサポートや指導です。各医療機関によって経営理念や方針、治療に対する考え方が異なるため、指導やサポートの仕方も柔軟に変えていく必要があります。

保健所や保健センターではどちらかというと病気や予防に関する相談や窓口業務などの事務的な業務が多く、それ以外にリハビリスタッフ業務なども行います。一般の病院に比べると、リハビリの質や公共の利益への貢献が求められる施設が多い傾向にあるでしょう。

福祉施設

市区町村が運営するリハビリテーションセンターや障がい者施設などで勤務します。医療機関と同様の指導やサポート業務のほか、障がい者の就労支援や職業相談・紹介なども行います。障がい者の社会復帰への橋渡しや地域での生活を支えることが可能です。医療機関での業務との違いは雇用促進業務を担当する点です。

教育機関

特別支援学校や専門学校などが勤務先としてあげられます。教育施設では、子どもの発達障害や言語障害、聴覚障害に対して指導や訓練、サポートを行います。その施設で勤務する他の教師や保育士と連携して、適切なサポートや指導を子どもたちに行うようです。特別支援学校で勤務する場合には、特別支援学校の教諭免許も保有していることが資格となります。

言語聴覚士が公務員として働くメリット

公務員と聞くと、収入が安定している、休日が多いなどのイメージがありますが、言語聴覚士が公務員として働くことにどのようなメリットがあるのでしょうか。

収入の安定

公務員は国や自治体が運営する場所で働くため、職場が倒産や経営危機に陥ることで給与が下がるということはありません。基本的には年功序列制度が適用され、経験年数に応じて基本給は毎年上がります。また、賞与も高水準の傾向にあり、経営状況がボーナスに影響を及ぼすこともないため、毎年一定の年収が約束されます。

雇用の安定

民間の仕事との最大の違いは、公務員は雇用が安定しているということです。民間であれば景気の影響を受けやすいため、不景気になり経営が悪化すると規模の縮小に伴いリストラが実施される可能性があります。その一方、公務員は基本的に解雇される心配はなく、たとえ職場での評価が低くても生涯安定した雇用のもと働き続けることができます。

最近では企業だけでなく民間の施設も経営悪化に伴いリストラが行われるかもしれないという時代です。定年までしっかりと働き続けられる環境はメリットの一つといえます。

福利厚生の充実

一般的に民間企業よりも公務員の福利厚生は手厚く充実しています。休暇制度でみてみると、結婚や出産、育児による休暇、病気休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など幅広く休暇を取ることが可能です。また、家賃補助や扶養手当なども民間と比べて充実している傾向にあります。

公共の利益を優先

民間の病院などでは経営上の理由でノルマが厳しくなる傾向にありますが、公務員として働く場合にはリハビリなどの質の面に注力することを求められます。言語聴覚士としての業務に専念できるようです。

言語聴覚士が公務員として働くデメリット

さまざまな面で民間と比べて充実したイメージの公務員ですが、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

転勤がある

公務員として医療施設などに採用された場合は地域内での転勤が伴います。立地環境があまりよくない場所へ転勤が決まった場合、引越しや通勤手段の変更を検討しなければいけないこともあります

災害時も出勤

公務員は営利を目的とせず地域の活動に貢献することが業務の一環であることから、災害が発生した場合には義務として出勤が求められるでしょう。この参集義務については、公務員の規定に定められているため、理解を深めておく必要があります。

昇給が見込めない

毎年昇給があり、収入が安定している一方、昇給率が高くないため経験年数が浅い間は収入も少なく、仕事を頑張っても大幅な昇給は見込めません。また、公務員は副業が禁止されているため、副業で収入を得ることもできません。副業や兼業で収入アップを目指している人にとってはデメリットといえるでしょう。

 

副業禁止などのデメリットはありますが、好待遇で安定した公務員は、長く働き続けたいと考えている人にはとても魅力的な働き方です。メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、自分の希望に沿った働き方を見つけましょう。

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧