理学療法士とはどのような職業?主な仕事内容について解説!

公開日:2022/03/15

理学療法士(PT)とは、基本的な身体の動きを回復させることを目的とした職業です。一般的にリハビリテーションと呼ばれる行為を行う理学療法士は、医療分野における国家資格の一つであり、その活躍する範囲は医療機関だけでなく、介護施設や福祉施設、そして一般のスポーツクラブとさまざまです。

理学療法とはどのようなもの?

理学療法とは、電気や熱、そして光線といった物理的な方法や運動などの方法を使って低下した運動機能を回復に導きます。たとえば、歩けなくなった方を歩けるようにする、立てなくなった方を立てるようにする、こういったことを医者の指示を受けて専門的な知識をもとに行うのが理学療法士の役割です。

ただし、こういったケガや病気が理由の方を回復させることだけが理学療法士の仕事ではありません。健康に問題ない方でも、トレーニングとして活用しています。たとえば、年齢的に運動機能が低下している高齢者の方や、競技などに参加している方に対するサポートも理学療法士の仕事です。

理学療法士の具体的な仕事内容

理学療法士は、患者の現状把握をはじめ、さまざまな仕事を持っています。そのすべては患者の回復と、その後の生活に関することですが、仕事内容は多種多様です。

現状の把握

理学療法士の仕事は、患者の把握から始まります。どのような状態なのか、どういった治療が適しているのかをさまざまな観点から測定及び評価していきます。そのため、今まで患った病気や現在の健康状態も調べないといけません。すべての測定や評価が完了したら、今後の治療方針や目標を決めて治療の開始です。

補装具などをチェック

補装具を使っている場合は、患者に最適なものを使用しているのかをチェックします。たとえば、車いすや杖などを身体に合わない状態で使用すると、負担がかかるかもしれません。こういったケースを防ぐのも理学療法士の仕事です。

家などをチェック

リハビリが終了した後のことを考えるのも理学療法士の仕事の一つです。なぜなら、ある程度患者が回復しても、家での生活が難しい状態だと今後の生活に支障が出てきてしまうからです。患者の家や周辺環境を細かくチェックして、バリアフリーや手すりなど必要な改善提案を行います

記録と教育

行っているリハビリは、すべて記録していきます。実施記録はもちろんですが、実施後の状態評価や改善も記録に残すようです。こういった記録は、保管するためだけのものではありません。リハビリの記録は、診療報酬の請求に使われます。また、患者への教育も理学療法士の仕事です。退院後の運動やさまざまな予防を指導することで健康に過ごせるように支援します。

運動で治療する(運動療法)

さまざまな運動をすることで、低下した機能を回復させます。たとえば、ストレッチや運動に関する器具を使用し、動かなくなった部分を動くようにリハビリを行うようです。この方法の場合、理学療法士の補助を受けながら患者が自らリハビリをしなければいけません。

刺激を与える(物理療法)

何らかの刺激を身体に与えることで治療する方法です。基本的には外部から刺激を与えて痛みを緩和させたり、悪くなった血行をよくしたりします。冷やす、温めるといった方法や、電気療法なども理学療法の一つです。また、身体に振動を与える、光線を照射するという方法も理学療法に含まれます。

作業療法士とは違う

作業療法士は、理学療法士と同じ国家資格であるため、同じと考えている方も少なくありません。しかし、作業療法士と理学療法士はサポートする範囲が異なります。前述のとおり、理学療法士は身体の基本動作回復ですが、作業療法士は応用的な動作の回復を目的としています。たとえば、一人で入浴し身体を洗えるようにすること、着替えができることなどです。また、対象者の範囲も違い、作業療法士は精神障害を持つ方も含まれます。

理学療法士になる方法

簡単に説明すると、理学療法士になるためには国家試験に合格しなければいけません。ただし、国家試験の受験資格があるのは、高校卒業後に理学療法士を養成している学校に通い、全過程を修了させた方のみです。

高校卒業後の進路

理学療法士になるためには、高校卒業後に4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制もしくは4年制)のいずれかに進まなければいけません。そして各学校に進んだ後は、医療技術系の学部やリハビリテーション科など、理学療法士になるために必要な過程を修了させます。

この修了が受験資格となり、はじめて理学療法士の試験に挑めるのです。また、もともと作業療法士を取得している場合は、各養成校で2年以上通い、必要な過程を修了していれば受験できます。

理学療法士の試験

理学療法士国家試験は、毎年2月に実施され、3月下旬頃に合格発表を行います。合格後に免許を取得すれば、理学療法士として働くことが可能です。

 

理学療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」で定められている国家資格です。患者の基本的な運動機能の回復支援という大切な役割を担っており、医療機関をはじめさまざまな場所で活躍しています。ただし、理学療法士になるためには、決められた過程を修了させなければいけません。もし、理学療法士になりたいと考えている方は、理学療法を学べる大学や専門学校をチェックしておきましょう。

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧