国家資格の取得が必須?言語聴覚士になる方法について解説!

公開日:2022/03/01

介護や医療にかかわる専門職にはさまざまなものがあります。その中でも言語コミュニケーションや食べる機能をサポートするリハビリのスペシャリストといえば言語聴覚士です。言語聴覚士の具体的な役割にはどのようなものがあるのか、言語聴覚士になるためにはどのようなプロセスが必要か、どのような人が向いているかなどについて紹介します。

言語聴覚士の役割を理解しよう!

病気や事故、発達上の問題などさまざまな理由でサポートが必要な人がいます。言語聴覚士は子どもから大人まで幅広い年齢の患者さんに対し、一人ひとりの問題の原因をしっかりと把握したうえで対処法を見つけ適切な対応を行っていきます。ここでは、言語聴覚士の具体的な役割について、見ていきましょう。

発声・発語訓練

大脳の言語をつかさどる部分に異常が起こったことで発症する失語症や何らかの原因で正しい発音ができない構音障害、声が出にくくなるなどの音声障害、高次脳機能障害になった方の症状の内容を観察して発話や発声の訓練をします。

嚥下・摂食訓練

食べ物がうまく飲みこめずむせてしまったり、口からこぼれてしまったりする原因を調べて対処します。病気や障害、老化などが原因で食べることや飲みこむことが難しくなると健康にも大きな影響を与えるようです。誤嚥によって肺炎のリスクが高まることや、窒息で命にかかわる事態に陥る危険性もあるため、食事時などに観察を行い、口や下の動かし方の指導や訓練を行います。

言語認知訓練

成人の言語障害の多くは、脳梗塞や認知症、交通事故などが原因で起こります。自分の気持ちを言葉で表現できないということが起こるため、患者さんが思いを表現できるようプログラムを作成して訓練やリハビリを行うようです。

聴覚支援

聴覚障害は先天性の場合と、事故や高齢化にともなって後天的に起こる場合に分けられます。聴覚試験などで障害の内容について調べたうえで訓練や補聴器・人工内耳のリハビリを行います。高齢者の場合には補聴器の適合訓練なども行うようです。

小児言語認知訓練

子どもの言葉の発達の遅れや対人関係が難しい場合に、絵本を使って言葉を引き出したり、文字が習得できるよう指導したりします。家庭や教育機関とも連携し、子どもの周辺環境を整えるサポートもします。

実際に言語聴覚士になるためには?

言語聴覚士は国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければ資格を取得できません。国家試験の受験資格を得る方法は大きく分けて2つあります。どちらの場合も卒業または卒業見込みで国家試験を受け、合格すると言語聴覚士に登録できます。

高校卒業後

高校を卒業した後、文部科学大臣が指定する短大や大学、専門学校などに3年以上通って卒業すること。3~4年通学が必要とされています。

4年生大学卒業後

一般の4年生大学を卒業した後に2年制の大学や専門学校を卒業すること。資格を取った後、どのような場所で仕事ができるのでしょうか。言語聴覚士の活躍の場はさまざまです。

医療現場

総合病院のリハビリテーション科や口腔外科、耳鼻咽喉科など医療現場で働くことが多いです。さまざまな年代、さまざまな症状の患者さんと関わることで経験を積んでいきます。一人ひとりに合った方法で退院後の生活や社会復帰に向けて指導や訓練を行います。

介護福祉の現場

障害者が利用する施設や高齢者向けの施設などで、リハビリを行うようです。摂食嚥下や言語訓練など1対1だけでなく集団でのリハビリやレクリエーションを行います。

言語聴覚士として働くために必要な要素

食べることや話すこと、聞くことに関する障害やリハビリを専門に行う職種のため、人との関りが欠かせない仕事です。一人ひとりの症状や悩みに寄り添って理解できる人が言語聴覚士に向いているといえます。他にはどのような要素が必要でしょうか?

観察力がある

患者さんの多くは自分の思いを言葉で表現できません。患者さんをしっかりと観察して、口の動きなどの細かい変化に気づき、障害の程度を判断して訓練するうえでの改善点を見つけます。また、行動や表情からどのような感情を抱いているのか読み取ることも大切です。

人と接することが好き

話すことが得意である必要はありません。相手の言うことにじっくりと耳を傾けられる聞き上手な人は向いています。患者さんだけでなくその家族や他の職種など、かかわる人が多いため、コミュニケーションをしっかり取れることが必要です。

根気強い

リハビリや訓練の成果はなかなかすぐに表れないものです。地道にあきらめず、コツコツと毎日訓練を行うことが症状の改善につながります。短期的ではなく長期的に患者さんに寄り添ってサポートし続ける根気強さが求められる職業です。

向上心がある

言語聴覚士の資格をとったらそれで終わりではなく、日々学びが必要となります。勉強会やセミナーなどに参加して情報を収集し、得た知識をリハビリなどに反映していく努力が必要です。

 

高齢化が加速する中で、今後言語聴覚士の活躍の場はどんどん増えていくことが予想されます。子どもから高齢者まで幅広い年代にかかわる専門職として医療機関だけでなく、さまざまな現場で需要が増えていくことが期待されます。

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧