視能訓練士として働くメリット・デメリットを知っておこう!

公開日:2022/04/15

視能訓練士

昨今、PCやスマートフォン、タブレット、ゲーム機などの普及により、目を酷使する機会が増え、それにともなって視力の低下や疲れ目に悩む人も増えています。このような状況下において正しく目の症状を検査し、治療方法を指導する視能訓練士の活躍の機会は多くなっています。今回は視能訓練士として働くメリット・デメリットを紹介しましょう。

視能訓練士の主な業務内容

視能訓練士は眼科や集団検診などで視力・視野の検査をしたり、視機能に問題のある患者の視能回復やリハビリ方法について指導を行ったりすることが主な業務です。視能訓練士の資格を得るためには年に一回実施される視能訓練士法にもとづく国家試験を受験し、合格する必要があります。

受験するためにも資格が必要で、国が指定する視能訓練士の養成施設で3年以上学ぶことが求められます。そんな狭き門を突破して視能訓練士の資格を取得した後も、医療界の最新知識や技術といった知見を取り入れるため、学会に参加したり勉強会に出席したりして学び続けていく必要があるようです。

視能訓練士はまさに目のスペシャリストといえます。視能訓練士の主な仕事は、患者の目の検査を行ってデータを取得したり、視機能を回復するための訓練やアドバイスをしたりすることです。具体的な仕事内容は大きく分けて視機能検査、斜視・弱視訓練、ロービジョンケア、集団検診の4つです。

視機能検査

目に関わるさまざまな検査を行います。具体的には、視力や視野、眼底、角膜などを検査します。基本的な視力検査以外にも、屈折検査、眼圧検査、視野検査などさまざまな検査を行い、この検査結果をもとに、眼科医が診断したり患者の治療の方針を決めたりするようです。

斜視・弱視訓練

斜視や弱視の患者が正常な視機能を獲得できるよう、検査や訓練を行うことを目的とした業務です。視能訓練・矯正はメガネや遮蔽具を使用して行います。

もともとは小児を対象としていた業務でしたが、スマートフォンやタブレットなどによって眼を酷使する機会が増えたことにより、視力低下患者は世代を問わず増加傾向にあります。

ロービジョンケア

眼疾患や外傷など、何らかの原因により「見えにくい」「まぶしい」など日常生活での不自由さをきたしている視覚状態をロービジョン(Low Vision)というようです。

このロービジョン状態の患者を対象として、保持する視機能を活かしつつ快適な生活を送れるよう、ルーペなどの補助具を選定したり社会福祉制度について相談や助言をしたりして、患者の支援を行う業務です。

集団検診

視能訓練士が普段関わるのは、主に眼科の治療を受けている人や目に障害のある人となりますが、集団健診においては眼科に通院していない子どもから高齢者まで幅広く関わります。集団検診は視能力のみではなく、本人が無自覚状態の生活習慣病などの予防や早期発見につながるため、非常に大切な業務です。

視能訓練士として働くメリット

視能訓練士は他の医療関係の職種に比べて、資格取得のハードルが低めです。国家試験の合格率が高く、社会人になってからでも最短で1年で資格をとることができます。視能訓練士はパート求人が多く、子育てしながらでも働けることや、力仕事ではないため女性でも働きやすいといった長所があります。

視野訓練士として働くメリットとして、景気に左右されず安定した就職が望めることが挙げられます。また、勤め先である医療機関が全国各地に存在すること、国家資格を有するため社会的に高い評価を受けやすいこと、年齢関係なく採用されるため復職・転職がスムーズであることなどもメリットです。

また、他の職種に比べて土日に休みやすい傾向にあることや、残業が少ないことも魅力です。患者に寄り添って目の検査や治療訓練、補助といったコミュニケーションが欠かせない仕事のため、患者の症状に改善が見られたときや治療が成功したときなど、大きな達成感を感じることができることも、やりがいを求める人にはメリットとなります。

視能訓練士として働くデメリット

視野訓練士は眼科に特化した資格のため、医療系の他の仕事の就職はできず、眼科に限られてしまうというデメリットがあります。また、メリットとして挙げた残業の少なさや土日休暇という勤務体制は、たくさん稼ぎたい人にとってはデメリットになりえるようです。

また、患者の数に対して視能訓練士が少ない職場ではひとりが抱える責任や負担が大きく、休暇も取りにくいといった事態も発生します。

視能訓練士として働くメリットとデメリットについて紹介しました。視能訓練士は眼科で視力検査や、視力の低い患者のリハビリや視力回復の訓練を行います。視能訓練士として働くメリットは、景気に左右されず安定して職が得られること、復職や転職がスムーズであること、患者と協力して視力改善に取り組むためやりがいがあることなどが挙げられます。一方デメリットとして、他の医療系への転職ができないこと、職場の環境によっては負担が大きすぎたり、逆に仕事が少なすぎて収入が希望額に届かなかったりすることもありえることが挙げられるようです。

 

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧