理学療法士になるためには?具体的な方法について詳しく解説!

公開日:2022/05/01


理学療法士はリハビリの専門家であり、リハビリプランを立てたり患者さんの介助を行う仕事です。理学療法士になるためには国家資格を取得する必要があり、取得には理学療法士を養成する専門学校や大学への進学が必須となります。今回は、理学療法士になる方法や必要なスキルに加え、理学療法士の活躍の場についても詳しく解説します!

理学療法士に求められるスキルとは?

理学療法士はリハビリの専門家です。リハビリについての知識・スキルが必要であるのはもちろんですが、患者さんと向き合って治療を進めていくにはそのほかにも身に付けておきたいスキルが3つあります。ここでは、それぞれの内容について詳しく解説します。患者さんから信頼される理学療法士となるためにも、ぜひ参考にしてください!

我慢強さ

リハビリは、言葉がうまく話せない赤ちゃんや幼い子ども、寝たきりの高齢者など、あらゆる人が対象となります。数か月の治療で回復するケースばかりでなく何年もリハビリを続ける患者さんもいるため、理学療法士には我慢強さが求められます。

長く続くリハビリ生活にストレスを感じてモチベーションを保てない患者さんも少なくありませんが、そのようなときこそ理学療法士が忍耐強くサポートしなければなりません。

向上心

理学療法士として働くには国家資格の取得が必要ですが、理学療法士は働き始めてからも日々勉強し続けなければならない職業です。多くの患者さんと接していると、珍しい症例を見たり、どのようなリハビリプランが合っているか悩んでしまったりするケースもあるでしょう。

あらゆる患者さんに対応できるスキルを身に付けるためにも、理学療法士はコツコツ学ぶ姿勢を持ち続けることが大切です。理学療法士の論文を読んだり勉強会に参加するなどして、向上心を持ってスキルアップを目指しましょう。

コミュニケーション能力

理学療法士は患者さんやその家族、主治医、看護師など、さまざまな人とのコミュニケーションを通してリハビリを進めていきます。とくにリハビリプランを設計する際には、患者さんが最終的に目指す姿はどのようなものかを丁寧にヒアリングする必要があります。

患者さんの本音を引き出してニーズを知るためには、日々のコミュニケーションを通して信頼関係を築く必要があります。患者さんを心身共にサポートできる理学療法士となるためにも、コミュニケーション能力は必須のスキルであるといえるでしょう。

理学療法士になる方法

理学療法士になるには、受験資格を得られる学校へ通って国家試験に合格する必要があります。以下では、理学療法士になる方法について詳しく解説します。

受験資格を得られる学校へ通う

理学療法士の受験資格を得るには、理学療法士の養成校である専門学校か大学に通う必要があります。大学は専門学校よりも学費が高い傾向にありますが、その分学べる科目も多く、多角的な視野を身に付けられるのが特徴です。

専門学校は3年制と4年制があるため、できるだけ早く働きたい!という人は3年制の専門学校を選択するのがおすすめです。大学・専門学校のどちらがよいかは一概にはいえないため、将来的に研究職に就くことも視野に入れてさまざまな分野を広く学びたい場合は大学進学を、学費を抑えて最短で理学療法士を目指したい場合には専門学校を選ぶのがよいでしょう。

学習内容・国家試験

理学療法士は医療系専門職であるため理系のイメージが強いですが、文系や商業出身者も多いです。専門学校や大学では、医学の基礎から理学療法の専門的な知識を身に付け、実習、卒業研究などを行います。国家試験の合格は8割弱と比較的高く、試験は年1回行われます。

理学療法士が活躍するのは病院だけじゃない!

理学療法士と聞くと、病院などの医療機関でリハビリを行うイメージを持つ人がほとんどですが、理学療法士の活躍の場は病院だけではありません。リハビリの知識を活かしてスポーツメーカーなどの開発部門で商品研究・開発を行ったり、専門学校や大学の指導者として働くこともできます。

また、行政機関である保健センターをはじめ、障害者施設、高齢者用デイサービスなどの施設で働いたり、柔道整復師などの資格を取得して独立開業するといった働き方もあります。病院以外でもさまざまな活躍の場があるため、目指す理学療法士像に合わせて必要な知識・スキルを身に付けておくのがよいですね。

 

今回は、理学療法士に必要とされるスキルや理学療法士になる方法を解説しました。理学療法士として働くには養成校への進学や国家試験合格が必須要件ですが、我慢強さや向上心、コミュニケーション能力もぜひ身に付けておきたいスキルです。患者さんに信頼される理学療法士となるため、専門知識以外の部分にも目を向けて日々スキルアップしていきましょう。理学療法士を目指している人は、今回の記事を参考にしてください!

【大阪府】おすすめの言語聴覚士学校4選

イメージ
会社名大阪保健医療大学大阪医療福祉専門学校大阪医療技術学園専門学校大阪医専
特徴国家試験合格率20年連続1位!手厚いサポートと専門教員の指導が特徴学内で臨床実習が行える!確実な知識と技術を身につけて信頼される人材へ夜間部があるため社会人として働きながらでも言語聴覚士を目指せる!国家資格合格保証制度と完全就職保証制度で言語聴覚士のエキスパートになる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧